青玉神社の湯立て祭りに行ってきました。

お祭り
スポンサーリンク

7月17日(日)多可町加美区鳥羽の青玉神社で湯立て祭りがありました。

青玉神社 湯立て祭り

 

青玉神社は鳥居をくぐると、空気が一変します。
厳かで、空気が澄んでいて、透き通るような感じがします。
青玉神社全体がパワースポットとなっているのでしょうね。

湯立て祭りは、狩人の身の安全を祈る湯立ての神事。
毎年7月15日間近の日曜日に行われます。
現代では、湯立ての玉湯を浴びると、無病息災であると言われています。

神社に着くと、神事が始まっていました。
巫女さんが舞を奉納されておられました。
長女は着物姿の巫女さんに釘付けでしたよ。

IMG_3210

 

続いて、巫女さんがお湯を清められます。

IMG_3217

全ての鍋に、清め塩、お神酒、お米を入れ、それを柄杓で年桶に汲み、奉納されました。
その後、熊笹でお参りしている人たちに湯が撒かれましたよ。
みんな歓声をあげながら、玉湯を浴び、無病息災を祈りました。

湯立て 神事

 

お祭りの締めくくりは、お餅なげです!
みんな我先にお餅を拾いましたよ。
お餅なげは、不思議と笑いが出て、とても楽しいイベントです。
拾ったお餅に、沢山の当たり券が入っていました。

お餅なげ

 

様々な景品を貰って帰りましたよ。
神事で使われた熊笹も配られ、いただいて帰りました。
三角に折って玄関に飾ると、魔除けになるようです。

熊笹 魔除け

 

今年は、姉や子供達が帰ってきていたので、みんなでお祭りを楽しめました。

コメント