長い歴史に幕。火の見櫓のサイレンから消防サイレン・屋外拡声子局の運用が始まりました。

その他
スポンサーリンク

みやざきさんちの家の前にある消防庫と火の見櫓。
毎月1日と15日の2回、朝7時にサイレンが鳴ります。
私はこの大音量のサイレンを聞きながら成長してきました。

火の見櫓 サイレン

 

ところがこの火の見櫓のサイレンは、同じ集落でも聞こえない場所があるらしいのです。
嘘でしょ?!
こんなに大音量なのに?
その為の音量だと納得していましたが!?
この事実を知った時、何故だかすごくショックを受けました。

6月から防災サイレン・屋外拡声子局が新しく設置され、運用されることになりました。
家から離れた加美上下水道事務所に鉄柱が立ち、ここからサイレンや気象警報、定時放送が流れるようです。
これで全域に聞こえるようになったそうです。

消防サイレン

 

昨夜はいつものように「明日は1日か。サイレンが鳴るな!」と思って就寝しました。
ところが今朝は、遠くの方から穏やかなサイレンが聞こえました。
(あら?遠くでサイレンが鳴ってる?!)と、不思議な感覚になりましたよ。
嬉しいような少し寂しいような…複雑な思いです。
これから少しずつ慣れていくのでしょうね。

コメント