タンポポが最盛期です!散歩コースのあぜ道にはタンポポが咲き誇っていますよ!

みやざきの日記
スポンサーリンク

春が来ると、桜やコブシ、モクレン、レンギョウ等、沢山の花々が咲きます。
日本人の心を魅了する桜は、開花宣言やライトアップがなされ、どのような天気や花の状況でも趣があると賞賛されますね。

そんな時期に、道端で一斉に咲く花があります。
『タンポポ』です。
春が来るとあぜ道に咲いているイメージがありますが、実は最盛期があります。

日本で見られるタンポポの多くは、外来種のセイヨウタンポポで、生命力が強く、年中咲きます。
在来種のタンポポは、春に花が咲きます。

IMG_2089

 

その在来種のタンポポが今見頃ですよ。
タンポポは10日程花をつけ、しぼんでから1〜2週間してから綿毛になります。
日頃あまり気をつけて見ることのないタンポポ。
桜の散りゆく姿も綺麗ですが、あぜ道に咲くタンポポにも一度目を向けてみられてはいかがでしょうか。

コメント