つくしを採ってきて、つくし煮にしましたよ。つくしの下処理方法とレシピをご紹介します。春の風味を楽しみました。

みやざきの日記
スポンサーリンク

神戸に住む姪っ子ちゃんが、今週末も遊びに来ています。
姪っ子ちゃんは中学受験を無事に終え、これまで勉強に向けていた気持ちを癒すかのように、週末になると田舎でゆっくり過ごしています。
中学校へ入学してしまうと、ゆっくり遊びに来れないし…と、娘達と遊んでくれたり、おばあちゃんのお手伝いをしたりと、自然に触れながら過ごしていますよ。

散歩中つくしを見つけたので、おばあちゃんにお料理してもらおうということになりました。

IMG_2022

 

摘みながら、下処理(頭とハカマを取り除きます)も済ませました。
一回分程だけ、摘みましたよ。

それでは、つくし煮を作っていきます。
まず、摘んできたつくしをお湯で茹でます。
2〜3分茹でると、ザルにあげます。

つくし下処理

 

味をつけていきますよ。
醤油、砂糖、みりん、出汁、ごま油で味付けします。

つくし煮

 

さぁ、どうぞ。
つくし煮の完成です。
姪っ子ちゃんは、めっちゃ美味しい!と感動していました。
私は、あまり印象に残らない味でしたが、春を食べてるなーと言う感動はありましたよ。
入学式が近づき、新しい世界へ踏み出す期待と不安でいっぱいの姪っ子ちゃん。
田舎でつくしを食べたなーと、思い出してくれたら嬉しいなと思います。

コメント