柿の種と元祖柿の種。浪花屋製菓に歴史あり!柿チョコが止まりません!新潟旅行のお土産でもらいましたよ。

みやざきの日記
スポンサーリンク

旦那さんが新潟旅行へ行きました。
お土産は浪花屋製菓の柿チョコでした。

kusanoya_kakicyo250

 

 
柿の種にチョコがコーティングしてあります。
一度手を伸ばすと、やめられない美味しさです♪

IMG_2483

 

パッケージに、「元祖」柿の種と書いてありました。
気になる言葉です。
柿の種といえば、亀田の柿の種がすぐに出てきます。

早速、調べてみましたよ!
1923年、新潟県長岡市摂田屋町の浪花屋製菓の創業者今井與三郎が、うっかり踏み潰した小判型煎餅の金型を元に直せずそのまま使用したところ、歪んだ小判型のあられになったことが誕生の発端である。商品名は得意先の「柿の種に似ている」との一言から付けられた (浪花屋製菓株式会社HP)

元祖柿の種の浪花屋さんは長岡市。
柿ピーで有名な亀田製菓は新潟市なのだそうです。

大正13年に誕生した元祖柿の種。
創業から90年の歴史があるのだと知りました。
(ちなみに亀田製菓は昭和41年に柿ピーを商品化しました。)
新米ネットサーフィンの私では、調べられたのはこの辺りまでです。すみません。

初めて食べた浪花屋製菓さんの柿チョコは、本当に美味しかったです。
ホワイト柿チョコもあるらしく、興味をそそります。
また、元祖柿の種も丁寧に作られていて美味しいらしいですよ。
私があまりに絶賛するので、旦那さんがネットで買おか?と言ってくれる程です。
すでにご存知だった方も、そうでなかった方も、浪花屋製菓さんを味わってみてくださいね。

 

コメント