夏野菜(ごぼう)を育てる準備を始めました。ごぼうの床を作り、土作りを始めましたよ。

みやざきの日記
スポンサーリンク

夏野菜を育てる準備を始めた初美さん。
同時にゴボウを育てる床作りもしました。
畑の片隅に杭を打ち、外壁をはめ込みます。

初美さんは、そこへ肥料代わりに冬野菜の残りクズや草を入れました。
今は草や廃棄物が燃やせないので、冬野菜や草の処理方法に悩みます。

IMG_0760

 

…初美さん?!
入れすぎじゃないですか?
大丈夫でしょうか?
そこへ、牛糞・鶏糞の肥料を撒き、土をかけました。

IMG_0873

 

…初美さん?
土が少なすぎじゃないですか?
「ちょっと色々入れすぎたわー。ペションとなるやろか…」と、さすがに不安そうな初美さんです。
藁や石などがあると、ゴボウが分かれて育ってしまいます。
「入れ方が大雑把やったから、腐るのに時間がかかりそうやわ。」と少々反省気味です。
野菜が腐ると、さらに土を増やし、種を蒔くようです。

市販で売られている土の袋を立て、上の部分を切り、袋に水はけ用の穴を開けると、簡単にゴボウ栽培ができるそうですが、我が家では、昔からこの方法でゴボウを育てていますよ。
自家製のゴボウは味が濃く、とても美味しいので、興味のある方は是非一度試してみてくださいね。

コメント