ひな祭りですね。ひな祭りのメニュー(ちらし寿司、ハマグリのお吸い物)を作りました。由来もご紹介します。

みやざきの日記
スポンサーリンク

今日はひな祭りですね。
みやざきさんちでも、ひな祭りのメニューでお祝いしましたよ。
ひな祭りといえば、ちらし寿司とハマグリのお吸い物、が思い浮かびます。

なぜ、ちらし寿司とハマグリなのでしょう?
ちらし寿司の寿司は、「寿(ことぶき)を司(つかさど)る」という意味があり、縁起がいいもの、お祝いの席で食べるものという意味を持っています。
ちらし寿司の具には、レンコン(将来の見通しが良い)、エビ(腰が曲がるまで長生きしますように)などの多くの具材が入り、一生食べ物に困らないようにとの思いが込められているようです。

ハマグリのお吸い物
ハマグリは、対になっている貝殻でなければぴったり合いません。
このことから、仲の良い夫婦を表し、相性の良い結婚相手と出会って幸せな人生を送れるようにとの願いが込められています。

白酒
白酒には、もともと桃花酒という薬酒が飲まれていました。
桃には、邪気を払って、気力や体力を充実させる効果があり、桃の花で作られたお酒を飲んでいたそうです。
時代の移り変わりで、桃花酒から白酒が飲まれるようになりました。
我が家では、カルピスで白酒の雰囲気を楽しみましたよ。

IMG_2485

 

ジャーン!
今年の我が家のひな祭りメニューです。
娘の大好物が並びました。
デザートは、ひな祭りケーキです。

66

 

娘は「今日は誰の誕生日?」と不思議そうです。
ひな祭りメニューで、美味しくお祝いしましたよ。

コメント