2016 稲荷神社初午大祭に行きました。豊部の初午では、初午大祭神事、子供相撲や福餅投げが行われましたよ。

みやざきの日記
スポンサーリンク

今日は豊部稲荷神社で初午大祭が行われました。
初午の由来は、京都の伏見稲荷の神様が、2月の最初の「午」の日に降りてこられたことが始まりなのだそうです。祭神は宇迦之御魂(ウカノミタマ)の神で、五穀を司る農業神でした。
そして、初午は五穀豊穣を祈る農村のお祭りとなり、商家では、商売繁盛を祈願するお祭りになりました。

今日は11時から初午大祭神事が行われました。
13時からは、奉納子供相撲がありました。
娘達も相撲を取りに行きましたよ。

32

 

同い年のお友達と一番取りました。
長女も次女も土俵に立つだけで大泣きでした。
相撲に勝つと100円、負けると50円もらえます。
長女は、手にしっかりと50円玉を握りしめていましたよ。

お相撲の後は、お楽しみの福餅投げです。

IMG_0716

 

谷世話さんが、お餅や景品を用意してくださっています。
ここから福餅投げが行われ、私たちは我先にお餅を拾おうとします。
…が、年齢なのか、転がってくるお餅に上手く手が出ず、笑い声や「あぁっ」「やぁ…」と言った声ばかりが出ました。
福餅投げには、当たりが付いていて、袋に印が付いています。
印の色で、景品が変わってきます。

IMG_0718

 

おやおやおや!?
なんだかオメデタイ色が拾えたようです!

IMG_0721

 

なんと。特賞が当たりました!!!
大当たり〜!!!
ありがたやーありがたやー。

そんな豊部稲荷神社の初午大祭の様子を、たかテレビさんが取材にこられていました。
来週末の放送ですので、興味のある方はご覧くださいね。
私や初美さんが、熱心に福餅拾いをしている姿が映っているかもしれません。汗)

コメント