きんかんが沢山実りました。収穫をしていただきましたよ。食べ方はシンプルにそのまま食べます。

みやざきの日記
スポンサーリンク

みやざきさんちの畑の片隅に、柑橘類の木が植わっています。
父が大好きだった「きんかん」は、今年はなり年だったようで、沢山実をつけてくれました。
よく家の敷地内に実のなる木を植えると、エネルギーを吸い取られると言われますが、父はそんなことお構いなしだったようです。

きんかんは、7月頃に花が咲き、少しずつ実が大きくなっていきます。
11月頃には、食べられる大きさにまで成長しますが、まだ色が青く、黄色くなるのを待ちました。
1月の中頃になっても、まだ少し青く、黄色い実を見つけては、少しずつ食べ始めましたよ。
食べ方は、そのまま口へ放り込むだけ!
皮が苦甘く、きんかん独特の美味しさがあります。
私もきんかんが大好きです。

IMG_1854

 

お店で売られているような黄色になかなかなってくれません。
もう少し待てば黄色くなってくれるのかな?と、のんきに考えていました。
先日、きんかんを見ると、凍てて実が変色しています。ガーン!!!
何も掛けずに放置していたので、雪や霜で凍ててしまったようです。

十分黄色くはなっていませんが、大急ぎで凍てていないきんかんを収穫しましたよ。
初美さんは以前きんかん酒を作っているので、今年のきんかんに重きを置いていませんでした。
それでも二人でもう少し早く収穫しておけば良かったねーと反省しました。
ついでにミカンも収穫しました。

IMG_1860

 

ミカンは黄色くなっているのですが…。
果物を育てるのは難しいのでしょうね。

コメント