柿渋染めで有名な寺田慶子さんの手帳を購入しました。杉原紙で作られたオススメ手帳です。

みやざきの日記
スポンサーリンク

先日、杉原紙製品の展示・販売施設「でんでん」へ行くと、杉原紙で作品を作られている、寺田慶子さんの作品が販売されていました。
寺田慶子さんは、寺田昌道さんと一緒に篠山市今田町で「柿渋クラフト」のアトリエを開設されておられます。

617

本も出版されておられますよ。

「でんでん」で色々と作品を見ていると、素敵な手帳に出会いました。
いいなーと眺めていると、初美さんも一目で気にいたようです。
さすが初美さん、即決で購入していましたよ。

78

 

大判で、月間のブロック型の手帳です。(写真を撮る為にカバーを外しています)
しおり紐が付いていないのが残念でしたが、代用の紐を付け、使いやすくしましたよ。
一年間、お気に入りの手帳で過ごすのも素敵なことですね☆彡

コメント