大雪が降りました。朝の「音」が違いましたよ。雪遊びは不完全燃焼の巻!

みやざきの日記
スポンサーリンク

昨日からの寒波が、今日も猛威をふるっていますね。
宮崎さんちの田舎でも、昨日から雪が降っています。

今朝目が覚めると、生活の「音」が違っていて、雪が積もっているな。と思いました。
とても静か。
車の行き交う音がゆっくりで重々しい感じです。
ピーンと張り詰めた空気を感じます。
部屋の障子を開けると、一面真っ白で、雪が沢山積もっていました。

今日は本当なら、子育てふれあいセンターの育児体験授業で中学校へ行く予定でした。
娘はお兄ちゃんお姉ちゃんに会えると楽しみにしていましたが、この大雪で延期になってしまいました。

雪で遊ぼうと防寒着を着て外へ出ましたが、娘はあまりの雪に心が折れてしまい、すぐに家に入りましたよ。
「ブへ〜。お家入る〜(涙)」の写真です。

IMG_1919

 

家に入ると「雪、怖かったー。」とのこと。
突然、いつもの景色が銀世界に変わっていて怖くなったのでしょうか!?
二人で雪だるまを作ろうと思っていましたが、また次回の大雪の時までお預けのようです。

コメント