玉ねぎの苗のその後… 2015年はヨトウムシ(夜盗虫)の被害が多いようです。

みやざきの日記
スポンサーリンク

3畝に4筋ずつ植えた玉ねぎの苗。

IMG_0524

 

さて、大きく育ったでしょうか?!

IMG_0527

 

残念な事に…半分ほど絶えてしまいました。
一番左の畝の苗を、他の2畝に移植して、スリヌカをかぶせましたよ。

IMG_0528

 

それでも無惨な感じです。
なぜこのようになってしまったのでしょう?
苗をよく見ると、ちぎれていたり、食べられたりしています。

IMG_0529

 

営農経済センターの方に話を伺いましたよ。
これはヨトウムシの仕業なのだそうです。
ヨトウムシとは、夜間活動して、葉を食害する虫です。
発生時期は年2回。4〜6月、9〜10月だそうです。
サナギの状態になって土中で越冬します。今年は暖かい為、まだ活動しているようです。
今年は同じように、玉ねぎお悩み相談が多いそうです。
ヨトウムシを駆除するには、農薬のダイヤジノンがあるそうですが、あまり効き目が期待できないようです。

Unknown

 

それでも、霜がおりたらもう大丈夫です!と自信ありげに話してくださいました。
初美さんはすっかり意気消沈。
これからは苗を買おうかなーと、珍しくやる気を失っていました。
野菜を育てるのは、天候も大きく関わってくるので、本当に難しいですね。
残りの苗が、無事大きく育ちますように。

コメント