お年玉で宝探し!を考案しています。お正月のおすすめイベントですよ☆彡

みやざきの日記
スポンサーリンク

お正月に親戚の子達が集まると、お年玉のやり取りが行われますね。
「◯◯ちゃん、明けましておめでとう。はい、どうぞ」「ありがとう」
こんなやり取りだけで、お年玉タイムは終了します。
子どもにお年玉を渡しても、その後はすぐに親へ預けてしまいます。

寂しい!あまりにもつまらないですよね。
どうせなら、もっと楽しくお年玉を渡したい!
子どもがワクワクするようなイベントにした〜い!!

そこでワタクシ考えました!
宝物探しのようにしよう!と。
子どもの年齢に合わせて5問ほどクイズを作り、全て解けるとお年玉がもらえます。
過去に子ども達が解いた問題で例えると…ぽち袋を渡し中にクイズが入っています。

IMG_0577

 

答えは『洗濯機』ですね。
洗濯機の所へ行くと、次のぽち袋が置いてあります。

IMG_0576

 

「かどまつ」と「おせち」の文字を取り除くと、文章が現れます。
「飲み物が冷えてる所にイイ物があるよ」つまり、冷蔵庫の飲み物コーナーですね。
そこへ行くと次のぽち袋が隠されています。

IMG_0574

 

これはマスに色々な記号があり、×を塗っていくと、文字が浮かび上がります。
こんな感じで、問題を解いていきます。

いつも必ず取り入れているのは、おばあちゃんの肩たたき。
肩を50回叩いたり、「気持ちイイわー」を2回言ってもらえるまで叩いたりと、年齢に合わせて叩く回数が変わってきますよ。
全ての問題が解けると、引換券がもらえます。

IMG_0575

 

これでようやくお年玉がもらえます。
甥っ子や姪っ子は「お年玉のやつお正月してよ!」と毎年楽しみにしてくれています。
他にも、線つなぎ、パズル、英語で出題など、毎年問題は進化していきますよ。

去年は、出産間近と体力低下で準備不足になり、手作り問題が少なくなってしまいました。
紅白歌合戦を見ながら、ネットで間違い探しやクロスワードを印刷すると言う、やっつけ仕事のような用意になってしまいました。

いつでも用意できるものなので、今年は12月に入る前に4人分の宝物探しを作りたいと思います!
皆様も時間があれば挑戦してくださいね。
子どもは間違いなく大喜びですよ!

 

コメント