こしあんの作り方《本格的な田舎のこしあん》です。

みやざきの日記
スポンサーリンク

お彼岸におはぎをお供えしました。
まずはこしあん作りです。

初美さんから、昔ながらの本格的こしあん作りを教えてもらいましたよ。

小豆を洗い、小豆が潰れない程度の火加減でアク出しをします。

NCM_1397

 

小豆から色が出ると、水を捨て、再び水を入れて煮込みます。これを二、三回繰り返します。

NCM_1409

 

たっぷりのお湯で小豆が柔らかくなるまで煮込みます。(小豆が潰れても大丈夫です)
《水分がなくなるまで煮込み、半潰しにし、砂糖・塩を加えた物が粒あんです。》
こしあんはココから更に手を加えますよ!

NCM_1401

 

鍋に水を張った所へ、ザルに小豆を小分けにして入れ、すりこぎで潰していきます。
(ミキサーですると不思議とドロドロの餡になるので、お勧めしませんよ)

NCM_1412

 

小豆の皮が全てなくなるまで潰していきます。

NCM_1413

 

水をたっぷり入れ、10分〜15分程度置いて上水を捨てます。

NCM_1421

 

そこへ再び水を入れ、よくかき混ぜ、餡が沈殿するのを待ち、再び上水を捨てます。これを3〜4回繰り返します。とても手間な作業に見えますが、これをしておくと、胸焼けせずお上品な餡に仕上がります。

NCM_1424

 

木綿の布で少しずつ漉し、固く絞っていきます。絞りが甘いと柔らかい餡になるので注意です!

NCM_1427

 

これでこしあんの元ができました。

NCM_1428

 

砂糖と少しの塩を入れます。

NCM_1432

 

厚手の鍋で焦がさないように、混ぜていきます。

NCM_1433

 

さぁ、どうぞ。
こしあんは手がかかる分、本当に美味しいですよね。
美味しいおはぎが作れそうです。

コメント