あじねフライパン《マッスルフライパン》

あじねフライパン
スポンサーリンク

旦那さんが3周年の結婚記念日に、プレゼントを用意してくれていました。
テレビの通販で、魔法のようなフライパンを見て、
私が何度も「このフライパン欲しい〜」と、言っていたらしいのです。

通販のフライパンではなく、本物のとびっきりが届きました。

鉄板が分厚く、ずっしりと重たいフライパン。
『男のフライパン』鉄厚4.5ミリ(約3キロ)もの鉄フライパンです。

NCM_1329

 

野菜の甘みが増し、フライパン料理の味が変わりました。
一番味が変わったのが、お好み焼き!
外はカリカリ、中はふんわりで、キャベツの甘さが引き立ちます。
これまでに使っていたテフロン加工のフライパンとあじねフライパンの二枚のフライパンで焼いてみたのですが、同じ材料でこれだけ味が違ってくるのかと、みんな驚いていました。

この『男のフライパン』は、ハンバーグ料理がオススメだそうです。
フライパンが届いてから、夕食のハンバーグを作っている時に、旦那さんに『男のフライパン』で焼いて欲しいと言われました。その時は、見送ったのですが、何故そう言ったのか、あじねフライパンさんのHPを見て納得しました。
これまであじねフライパンで焦げ付いた事がないので、失敗を恐れず、男っぽい料理に挑戦してみましたよ!

NCM_1331

 

さぁ、どうぞ。
ついでにハンバーガーも作りました。

NCM_1332

 

あじねフライパンさんの名前の由来は、美味しい調理の音が、「笑顔」と「会話」にあふれた楽しい食卓を創り出すメロディになれば・・・との想いが詰まっているそうです。
本当に『マッスルフライパン』で料理をする度に、家族の会話が増え笑顔があふれました。
また、このフライパンのおかげで、旦那さんが初めて台所に立ってくれました。

フライパンが届いた頃は、私が後片付けをしてももう一度自分で洗い(ステンレスたわしで汚れを取るだけなのでとっても簡単なんです)、油を塗り、メンテナンスをする程の可愛がりようでした。メンテナンスは一ヶ月程で飽きてしまいましたが、私が愛情を持ってフライパンと向き合っているか、定期的にチェックをしてくれます。

我が家にあじねフライパンがやってきて半年。
これから、味のあるフライパンにしていきたいと思います。

コメント