Freetel Simple(フリーテル シンプル)レビュー&初期設定(電話帳・SIM・着信音量・等)

みやざきの日記
スポンサーリンク

freetel Simole フリーテル シンプル

8月24日に発売したフリーテルシンプル、SIMフリーのガラケーレビュー!

注文から手元に届くまで、東京から兵庫まで2日で届きました。
思っていたより早い!価格は、税込6,458円と格安です。

フリーテル シンプル
それでは、開封から私が行った初期設定までご紹介します。

フリーテル本体の大きさはiPhone5sより小さく軽量です。本体側面に銀メッキが施してありますが、普通に使用してもメッキは剥がれるでしょう…

フリーテル シンプル

まず、SIMカードとバッテリーを入れるため背面カバーを外します。左下に隙間があり、あっさり開きました。

SIMカードはdocomoガラケーで利用しているマイクロSIMを使用しました。セットするにはSIMアダプタが必要ですが、私はとりあえずSIMアダプタ無しでピンの位置を合わせてSIMをセットしました。振動で動くようであれば、後に対策しますが今のところ大丈夫です。

次にバッテリーをセットします。バッテリーと本体の隙間がキツキツでカチッとセット出来ず、ムニッと少し力がいります。外したフタは無理なくパチッと付きます。

フリーテル シンプル

電源を入れます。バッテリーの残量は、3/2残っています。充電せずに初期設定を行います。

電話帳の移行はドコモガラケーからの場合、SIM経由で50件(SIMの最大保存可能件数が50件)ずつ移行させました。電源の入り切りが面倒ですが、10分程度で移行できました。また、電話帳をvCards形式でダウンロードし、パソコンとフリーテルシンプルを繋ぎvCardsをフリーテルの本体に書き込む方法もあるようです。

日付と時間の設定は「メニュー→設定→本体設定→日付と時間」で設定ができ、時間と日付は10キーで入力できます。これも簡単です。

発着信を行なった結果、着信音が低すぎて聞こえないという事で「メニュー→着信音設定→オプション(本体左上のメールボタンを押す)→カスタマイズ→着信音量(ホームボタン左右のボタンで音量調節)→オプション(本体左上のメールボタンを押す)→保存」で変更します。私はMAXのレベル7に設定しました。

ディスプレイに時計と日付を表示する場合は、「メニュー→設定→本体設定→ディスプレイ→壁紙→デジタル(一番下にあります。)」で簡単に設定出来ました。時計の配置等レイアウトは選べません。

シンプル サイズ比較

以上、1時間程度で初期設定完了です。フリーテルはキャリアのガラケーと違いカスタムはしにくいですが、シンプルで操作は簡単でした。

2015/09/05更新
私が、買ってみて分かったこと

 

 

コメント