魔の2歳児 VS 靴 (1)

みやざきの日記
スポンサーリンク

我が家には、2歳4ヶ月の娘がいます。
女の子らしい服装、髪型、遊びを好み、ザ・女の子といった感じです。
そんな女の子でも、第一反抗期(イヤイヤ期)はやってきます。
自分の思いを聞き入れてもらおうと頑なになったり、こだわりを見せるのですが、何度か言って聞かせたり、たらかしたりすると、気分が変わり穏やかになります。

そんな娘が、唯一意思を曲げなかったのが『靴』です。
今まで、『子どもは歩き始めると自然と靴を履くもの』と思っていました。
ファーストシューズがあったので、履かせたりもしていました。
ところが、靴下やファーストシューズを履いても、一瞬で脱ごうとします。
足の裏に、高感度センサーが付いているかと思う程です。
靴や靴下を嫌がり、場所を問わずすぐに脱ぎ、裸足で活動しようとしました。
そんな娘との格闘をまとめたいと思います。

娘の歩き始めは1歳1ヶ月。春の好季節で、これからお散歩へ沢山行けると喜びました。
1歳2ヶ月、5月にはしっかり歩けるようになりましたが、写真はいつも抱っこ紐で抱かれたものばかり…。
この頃は、そのうち履くだろう。と楽観的でした。
一度だけお買い物中に靴を履いた時があり、嬉しくて写真を撮りました。

名称未設定

 

 

1歳3ヶ月に入ると、いよいよ靴を履きません。
しかしこの頃、私の第二子妊娠が発覚し、重いつわりに悩まされました。
つわりの時期にめまいも起こり、活動できずに2ヶ月が過ぎました。

8月、つわりと同時にめまいも治まり、活動開始です。娘は1歳5ヶ月になりました。
この頃、ネットで『1歳5ヶ月 靴 履かない』等とよく調べたものです。
同じような悩みを持たれた方々が実践されたことを色々と試しました。

(1)靴や散歩の絵本を読む。

(2)靴下で活動させてみる。

(3)靴を買いに行く(子どもに靴を選ばせる)

(4)同い年位の靴を履いた子どもさんと会う機会があれば、『靴いいねー』と興味を持たせる。同時に、靴を進めてみる。

(5)散歩やお出かけ時には靴を持って行き、少しずつ進めてみる。

根気よく楽しみながら取り組んだつもりです。
それでも子どもは頑なでした。

NCM_0306

 

 

毎日のお散歩も裸足です。路面が暑かったり、石などで足の裏が痛くなるので、すぐベビーカーへ戻ろうとします。

その頃は、日々の積み重ねがいつか実を結ぶと信じて、取り組んでいました。
・・・が、実を結ばず、夏が過ぎて行きました。

(2)へ続きます

コメント