割烹 佐樂!京都の隠れ家的お食事処をご紹介!

みやざきの日記
スポンサーリンク

京都へお出かけし、お食事をしました。

お食事処は、『割烹 佐楽』さんです。

20150724_173047_Android


入り口も、京都らしい落ち着いた雰囲気です。

20150724_173109_Android


割烹佐楽さんは、完全予約制です。
京都では考えられない程のお安いコース料金ですよね。

20150724_181135_Android


雲龍豆腐です。舌触りが滑らかで、優しい味わいです。

20150724_182415_Android


先付け (琵琶湖の小鮎、バイ貝、糸瓜と蔓紫 大徳寺麩のせ、新じゅん菜とトロロ、
糸もずく)・・・それぞれお料理の説明をしてくださるのですが、少々聞き漏らしが。

酢加減も煮込み加減も、絶妙に仕上がってます。糸もずくに紫蘇の実が添えてあったりと彩りも味も本当に丁寧で美味しかったです。

20150724_185121_Android


お椀物 ハモの葛たたきです。湯葉と冬瓜も入っています。

20150724_191037_Android


向付 お造り(ふっこ〈スズキの若魚〉、大分産 関あじ、本マグロ、ハモの焼き霜)
どれも食感に感動しました。ハモも本当に美味でしたよ。

20150724_193303_Android


鮎の一夜干しです。大葉塩まで手作りです。

20150724_194232_Android


煮物 季節のお野菜と海藤花の炊き合わせ(ズイキ、海藤花〈真蛸の卵〉加賀胡瓜など、
海藤花なんて、なかなか食べる機会がないですよね。

20150724_200049_Android


焼き物(鯛・真魚鰹 タデ味噌仕立て、蛇篭蓮根)タデ味噌が焼き魚の味をさらに引き立て
てくれていました。
皮や身の焼き加減が、本当に美味しいです。

20150724_202640_Android


酢の物(焼きハモ) ハモも手の加え方で味や歯ごたえが変わり、酢加減も丁度の仕上がりです。

20150724_203822_Android

20150724_204325_Android


穴子の炊き込みご飯、海素麺の赤だし、お漬物、
穴子がフカフカで美味しかったです。
何回もおかわりしちゃいました。

20150724_211614_Android


デザートの葛きりです。マンゴー、黒蜜のソースも勿論手作りです。

全てのお料理が繊細な味付けで、本当に感動するものばかりです。

20150724_214416_Android


店主の佐藤さんです。全てのお料理を一人で作られています。
ミシュランガイドに選ばれたり、婦人画報やあまから手帖などの取材も数多く受けておられるお店です。
こんなに素晴らしいお料理を低価格で食べられるなんて驚きです。

 

店主のこだわりを色々見つけました。

20150724_201333_Android

 

玉川堂さんの湯沸です。 一枚の銅で出来ているなんて、驚きです。

20150724_203530_Android


まな板は銀杏の木を使っておられました。

京都で懐石を食べるのは、料金や敷居が高いと思っておられる方、
是非、佐楽さんに足を運ばれてみられてはいかがでしょうか?!
丁寧で優しく、忘れられない味に出会えること間違いなしですよ。

 

割烹 佐楽    http://www.saraku.info

スクリーンショット 2015-07-27 20.12.49

コメント